お客様の声 #03

テーブルやソファと同じように、カップボードもインテリアの一部として色や形にこだわりました。

Instagramから弊社にお問い合わせいただき、2021年にカップボードをご購入いただきました。住み始めて2か月。ご新居のこだわりや、カップボードの使用感などをお聞きしました。

カップボード購入を検討し始めたきっかけを教えてください。

築浅のマンションを購入してキッチンだけリフォームする事になり、カップボードを探し始めました。色々な方法で外注業者を探し、Instagramでファニチャーメーカーさんを見つけました。他の造作家具を扱う業者さんも見ていたのですが、キッチンとは違う面材を使ってデザイン性のあるカップボードにしたかったので、ファニチャーメーカーさんにお願いすることになりました。

設計段階でのこだわりやお打合せの際に悩んだ部分を教えてください。

リフォームの際にキッチン背面の壁紙を貼り変えたのですが、壁紙とカップボードの色の組み合わせをこだわりました。それぞれの色味サンプルを並べて何度も検討した甲斐があって、納得のいく色選びができました。①吊戸棚を付けて飾り棚を1枚にするか、②吊戸棚を付けないで飾り棚を2枚にするか、についても設計段階で悩みました。カップボードはリビングからもよく見える場所ですし、圧迫感が無いデザインにもしたかったので吊戸棚がないプランを採用しました。

実際の使い心地や使い方を教えてください。

天板の高さを身長に合わせて標準より数センチ低めに作ってもらいました。ちょうどよい高さで使いやすいです。浅型引出し2段はカトラリーケースを使って細々した物を収納し、中型引出し3段は皿や弁当グッズなどを収納しています。深型引出しが1段あるので、そこにはお米など大きめの物を収納しています。前住んでいた家で使っていた置き型の食器棚と違って、棚の裏がホコリ溜まりになることもなく、気に入って使用しています。

リビング・ダイニング・キッチンのお部屋づくりについて、こだわりを教えてください。

建具や家具は、どれも似た木目柄と色味で統一しています。カップボードを購入した時もそうだったのですが、実際に見てみないとサイズ感や色味が心配だった事もあり、ダイニングテーブルとソファは見に行って決めました。必要最低限の家具でまとめていて小物を飾れる場所が少ないので、カップボードの飾り棚は季節ごとにオーナメントを変えて楽しみたいと思います。

取材後記

家具以外にも、リネン素材のカーテンを使ったり、TVをプロジェクターで代用したりと、おうちづくりへのこだわりが感じられました。お話を伺っている間には素敵な音楽が流れていて、私も真似したくなるような居心地の良い空間でした。インタビューを終えて帰る際、お子様に可愛らしくお見送りをしていただきました^^ インタビューにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。
見積・打合せ依頼